フェイスラインのたるみに関する美容コラム

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

フェイスラインのたるみ

年を重ねるごとにフェイスラインがたるんできてブルドックみたいになってしまうことに悩んでいる人は少なくないのではないでしょうか。フェイスラインはメリハリがあればとても綺麗に見える部位だけに、たるみが目立つ部分でもあります。

たるむ原因

フェイスラインは他の部位に比べると、一度たるんでしまった皮膚が戻りにくい部位です。原因は主に加齢による筋力低下と、噛み合わせが正しくないためにリンパがつまり、脂肪が蓄えられやすくなっていることです。そのため、肌のケアを念入りに行ったとしても改善されません。また、猫背による頬のたるみもあります。体や顔の歪みにつながり、歪みは頬に下方向への力が加わります。

たるみを解消するためには

たるみを解消するためには、マッサージなどを行い、リンパを流す必要があります。また、たるんでしまった皮膚は、年齢によっては戻らなくなっているので、美容皮膚科での治療が必要です。美容皮膚科では、肌のハリを取り戻すために糸で切らずにリフトアップしたり、ヒアルロン酸などで改善することが出来ます。フェイスラインがたるみ、ぼんやりした輪郭は顔の印象を老けさせるだけでなく、膨張効果があるので顔が大きく見えてしまうこともあります。

自分でケアできる部分もありますが、知識のないセルフケアでは限界があります。専門的な治療でも、現在では気軽にできる治療も数多くあります。整形とはまた違うので、抵抗なく出来ます。まずはカウンセリングなど、無料で利用できる機関で相談してみましょう。

アサミ美容外科

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

まずは、お気軽にご相談下さい。

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

HACKER SAFEにより証明されたサイトは、99.9%以上のハッカー犯罪を防ぎます。

PAGE TOP