目の下のクマの原因に関する美容コラム

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

目の下のクマの原因

寝不足、疲れが溜まると目の下にクマができることがあります。クマが目立つ人はくっきりと黒くなってしまい、顔色が悪く見えてしまいます。女性にとっては、老けて見えてしまう原因になるので、しっかりと対策したいところです。

クマの種類

クマには種類があり、原因と対策方法もそれぞれ違います。

・茶グマ

目の下に茶色いシミのようなクマができることです。実際、シミである場合、皮膚の下で色素沈殿を起こしている場合があります。紫外線を受けたことに加え、目をこするなどして刺激を与えてしまうことが原因です。アトピーや皮膚炎、乾燥が原因となることもありますが、落としきれなかったマスカラによる影響もあります。 美白効果のある化粧品を使用し、ビタミンをたくさん摂りましょう。

・青グマ

目の周りの毛細血管が浮透けて見える青みがかったクマのことです。目の周りの血流が滞ることが原因です。寝不足でできるクマはこの青グマです。ほかにも、疲労やホルモンバランスの乱れ、生活習慣が乱れていると青グマの原因になります。 マッサージやホットアイマスクなど、目の周りの血流をよくすることで改善されます。目の周りだけでなく、全身の血流を良くすることも改善につながるのでお風呂に浸かることや運動も効果的です。

・黒グマ

目の下の皮膚がたるみ、影が出来る状態です。もともと目の下に脂肪が少ない人や加齢によって筋肉がさがることがおもな原因です。メイクで隠すことが難しいクマです。 目の下にヒアルロン酸などを注入してくぼみを無くすことが一番効果的です。

クマの対策は目の周りをケアすることです。無茶な対応は症状を悪化させるだけでなく、眼球を傷つけてしまうこともあるので注意しましょう。また、クマは混合して現れる場合もあります。専門家に診断しもらい、適切な対応をしましょう。

アサミ美容外科

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

まずは、お気軽にご相談下さい。

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

HACKER SAFEにより証明されたサイトは、99.9%以上のハッカー犯罪を防ぎます。

PAGE TOP