切らないフェイスリフト(フェザーリフト)に関するQ&A

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

切らないフェイスリフト(フェザーリフト)

  • 切らないフェイスリフト(フェザーリフト)とは?
    従来のフェイスリフトのようにメスで切開したり剥離することなく、繊細に毛羽立つ特殊吸収糸(生分解性ポリマーε-Caprolactone糸)を用いて、耳の前や頬、眉、下顎や首、口周囲のタルミや皺を解消する方法です。

    非吸収性のワプトス糸よりも改良されたスーパーダブル糸は新世代の吸収糸で、8ヶ月~12ヶ月で体内に吸収されてしまいますが、効果はワプトスよりも長持ちします。施術後暫くしてから糸の周囲に強固な線維性組織(コラーゲンやエラスチンなど)およびヒアルロン酸が形成され、下垂した軟部組織やたるんだ組織の吊り上げ効果が5年以上持続します。

    合併症やリスクも殆どなく、リフトしたい部位を自由に組合せることができます。更に従来の非吸収性ワプトスよりも、リフティング力と張力が強化され、ロシアンリフトやゴールデンリフト、アプトスやハッピーリフトと比較しても顔全体の直後の引き締め効果や確実性に優れています。
PAGE TOP
  • どれくらい効果があるの?
    リフトしたい部位によって効果が異なるため、従来のフェイスリフトとの単純比較はできませんが、仮に、従来のメスを用いるフェイスリフトと同じ部位を切らないフェイスリフトで手術した場合、最も異なる点は皮膚のタルミ自体を切り取るか吊り上げるかの違いです。切らないフェイスリフトでは主に皮下の脂肪や線維などの軟部組織を特殊な糸で吊り上げて引き締めることを目的としています。

    手術直後よりも数ヶ月以後には更に吊り上げ効果が上がってくるでしょう。効果持続期間は個人差がありますが、従来のフェイスリフトでは10年~15年、切らないフェイスリフトでは3~10年以上と言われています。
PAGE TOP
  • 手術はどのような方法で行われるのですか?
    大別して切らないフェイスリフトのみで行う場合と、ヒアルロン酸やアクアミド注射などに組合せて行う場合とがあります。切らないフェイスリフトのみで行う場合にも、頬や目尻、前額部のタルミ、アゴや首のタルみなどリフトしたい部位によって糸を通す場所が異なります。もちろん、それら複数の部位の組み合わせも可能です。
PAGE TOP
  • 手術の時間はどれくらいかかりますか?
    消毒、麻酔、手術時間を総合して約10~30分程度です。
PAGE TOP
  • 腫れや青あざ(内出血)はでますか?
    腫れはフェイスリフト術に比べてほとんどなく、ごくわずかです。2~3日で改善します。
PAGE TOP
  • 傷跡は残りますか?
    傷の位置はリフトしたい部位によります。いずれも糸を通す針穴程度の傷で済みます。例えば頬のリフトでは、顔面各部位と頭皮内に針穴の跡だけで済みます。針跡は術後すぐから目立たなくなり、数日で殆ど消えます。
PAGE TOP
  • 入院・通院は必要になりますか?
    入院や通院は不要です。手術直後から歩いて帰宅できます。特に消毒や包帯も必要ありません。勿論、希望者や異常があった場合の診察(要予約)はその限りではありません。
PAGE TOP
  • 痛みはあるのですか?
    局所麻酔の痛みは注射の痛み程度で、数分程度で終わります。術後も通常殆ど痛みを感じることは無く、多少のつっぱり感を2~3週間感じる程度です。
PAGE TOP
  • 手術後の注意点は?
    顔のマッサージは、効果の安定と炎症の悪化や拡大を防ぐために約1ヶ月間は禁止です。術後から翌日までは熱い湯船の入浴と飲酒を避け、腫れている部位を15分毎に冷却します。メイクは直後から可能です。
PAGE TOP
  • 仕事は普段通りにできますか?
    手術翌日からでも通常の仕事なら術後の状態には問題無いと思われます。
PAGE TOP
  • シャワーや入浴はしても大丈夫ですか?
    洗顔やシャワーは当日から可能です。手術2~3日後より熱い湯船の入浴も可能となります。但し翌朝までは、洗顔や洗髪時などに手術した部位を強く擦らないようにしてください。
PAGE TOP
  • リスクはあるのですか?
    通常、ごく軽度の内出血炎症と腫れ、軽度の発赤くらいで済みます。万一の異常時には当院を受診して下さい。
PAGE TOP
  • 麻酔は?
    最も安全な局所麻酔で行います。
PAGE TOP
  • 糸はレントゲンには写るの?
    写りません。
PAGE TOP
アサミ美容外科

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

まずは、お気軽にご相談下さい。

メニュー

お支払い方法について

現金・振込み・カード・大手信販会社・ローンの4つの方法があります。

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

HACKER SAFEにより証明されたサイトは、99.9%以上のハッカー犯罪を防ぎます。

PAGE TOP