脂肪注入に関するQ&A

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

脂肪注入

  • 手術はどのような方法で行われるのですか?
    ハイパーウエットメソッドという、うすい麻酔薬と止血薬を混ぜた液を大量に脂肪層に注入して行う方法により太股や腹部から吸引した脂肪を、無菌操作で不純物を取り除いてバストの左右に配分して針で注入します。当院では脂肪の定着率をあげるために、5層分離注入法といって、脂肪層を粒の大きさ順に5層に分けて特に定着率のいい粒の大きな脂肪を、血行が豊富で定着しやすい大胸筋下、大胸筋内、大胸筋周囲に集中的に注入しています。これにより従来は20~30%ぐらいだった脂肪の定着率を40~60%ぐらいまでひきあげられます。

    さらに再生医療を用いたコンデンス脂肪細胞注入と脂肪定着因子を併用すれば、60~70%ぐらいが平均で定着します。部分痩せをしたいところから吸引すれば一石二鳥ですが、注入量がたくさん確保できるのは (1) 太股全体+おしり+膝上 (2) 腹部 (3) ふくらはぎや二の腕の順になります。バストの大きさに左右差がある場合には、どちらかに多めに注入量を配分することもできます。

    当院では脂肪注入の症例数が2万件を超えており、注入量も一般的な量の2~3倍の800~1000ccぐらいを注入可能です。
PAGE TOP
  • 手術の時間はどれくらいかかりますか?
    吸引量や注入量により異なりますが、吸引部の消毒に約10分、麻酔に約20~25分、脂肪吸引と縫合に約60分、脂肪の無菌操作とバストの消毒に約10~15分、バストの麻酔に約5分、左右バストへの脂肪注入に約15~25分で、合計90分~120分程度です。
PAGE TOP
  • 腫れや青あざ(内出血)はでますか?
    吸引部の腫れの程度は、元の太股や腹部以上に太くなることはあまりありませんが、術後2~3日がピークでその後次第に腫れがひいてきます。ウエストニッパーや医療用ストッキングで圧迫すると1週間後で70%~80%までひき、2~3週間後で80%~90%までひいてしまいます。最終仕上がりは2~3ヶ月後です。

    バストの腫れは軽度で1週間後には局所麻酔の分だけひとまわり腫れがひき、術後2~3週間で炎症による腫れもほとんどひいてしまいます。吸引部や注入部周囲の青アザ(内出血)は、術後2~3週間でうすくなって消えてしまいます。青アザ(内出血)ができた部位は色素沈着予防のため日焼けをしないように気をつけてください。
PAGE TOP
  • 傷跡は残りますか?
    吸引部の傷は太もも後面・おしりならおしりのしわのところに1ヶ所、太股内・外・前面・膝上なら股のつけ根に1ヶ所、腹部なら脇腹に直径4~5mm程度の吸引口だけで済みます。術直後は少し赤くなることがありますが、数ヶ月から1年程度で目立たなくなってゆきます。ミミズ腫れのような目立つ傷跡を予防するために、抜糸後傷に対してテーピングを施します。

    注入部は、バストの周囲に片側10~20ヶ所の針の刺入痕がしばらくつきますが、1~2週間後までにうすくなって消えてしまいます。青アザ(内出血)同様、色素沈着予防のため日焼けをしないように気をつけてください。
PAGE TOP
  • 入院・通院は必要になりますか?
    吸引部の腫れの程度は、元の太股や腹部以上に太くなることはあまりありませんが、術後2~3日がピークでその後次第に腫れがひいてきます。ウエストニッパーや医療用ストッキングで圧迫すると1週間後で70%~80%までひき、2~3週間後で80%~90%までひいてしまいます。最終仕上がりは2~3ヶ月後です。

    バストの腫れは軽度で1週間後には局所麻酔の分だけひとまわり腫れがひき、術後2~3週間で炎症による腫れもほとんどひいてしまいます。吸引部や注入部周囲の青アザ(内出血)は、術後2~3週間でうすくなって消えてしまいます。青アザ(内出血)ができた部位は色素沈着予防のため日焼けをしないように気をつけてください。
PAGE TOP
  • 痛みはあるのですか?
    吸引部の局所麻酔の痛みは注射の痛み程度で、5~10分程度で終わります。その後数ミリの傷からうすい麻酔薬と止血剤などが入ったたくさんの水分を注入してゆきますが、その際に膨張感や繊維質のゴリゴリした感じを受けます。吸引中の痛みはほとんどありませんが、必要に応じて多少の局所麻酔を加えることもできます。

    バストの局所麻酔は片側2~3分で済み、やはり注射の痛み程度です。術後3~4時間で次第に局所麻酔効果がうすれてゆき、脂肪吸引部に筋肉痛程度が2~3日、その後鈍痛が1~2週間で次第に減衰・緩和してゆくでしょう。痛みの感じ方には個人差があります。お酒をよく飲む人は痛みを感じやすい傾向があります。
PAGE TOP
  • 何か注意する点はありますか?
    バストマッサージは特に必要ありません。ブラジャーも1週間はつけられませんが、その間はゆるめのブラジャーを着けて下さい。その後も圧迫のきついブラジャーをせずに、1カップ以上ゆとりのある大きめのブラジャーを装着してください。

    吸引部は凹凸や皮膚の弛み、傷跡の拘縮等の予防と止血目的で1週間、24時間の圧迫固定が必要です。腹部を吸引した場合は専用ウエストニッパー、太股やふくらはぎなら医療用ストッキングを着用してください。

    術後は止血剤と抗生物質、痛み止めが処方されますが、処方分を継続して服用してください。また、術後2~3日は水分を多量に摂取してむくみや麻酔薬を尿と一緒に出すように心がけてください。お酒は1週間飲まないでください。
PAGE TOP
  • 仕事は普段通りにできますか?
    手術翌日からデスクワーク程度の仕事なら出勤する方も多いですし、その程度なら問題ないと思われます。
    可能なら2~3日お休みが取れる時に手術を受けるのが無難です。
    身体を激しく使う仕事なら、炎症の悪化を防ぐため1週間は避けた方が良いでしょう。
PAGE TOP
  • シャワーや入浴はしても大丈夫ですか?
    手術翌日からシャワー可能です。但し、防水テープを傷口にはりますので、それで傷口を保護します。
    また身体を塗れタオルで拭う場合も、手術した部位は強く擦らないようにしてください。
    再出血や感染、炎症の悪化を防ぐため湯船への入浴は術後1週間避けましょう。
PAGE TOP
  • リスクはあるのですか?
    通常、内出血程度の出血と炎症による微熱や軽度の発赤くらいで済みます。稀なケースでは服用薬によるアレルギー症状、感染、乳腺下のしこり形成があります。極稀なものとしては、麻酔薬によるアレルギーや中毒、血栓症や脂肪塞栓などの報告もあります。

    なお、術前から貧血や出血傾向、肝腎機能障害、高血圧、心臓病や糖尿病、乳腺炎、癌やその他の特殊な疾患が高度または治療中の方、妊娠・授乳中の方は高リスク群であるため、手術は受けられません。
PAGE TOP
  • 麻酔は?
    局所麻酔で行います。吸引部は、脂肪吸引専用に開発されたうすい麻酔薬と止血薬を混ぜた液を大量に脂肪層に注入するハイパーウエットメソッドという方法です。バストへの麻酔も局所麻酔で行いますが、吸引部の麻酔に比べて少量で済みます。体に負担の少ない、最も完全な麻酔法です。
PAGE TOP
  • 胸の感触はどのようになるのですか?
    術後1~2ヶ月以内は多少腫脹感があったり、炎症や内出血等により少し固い感触があることもありますが、ほとんどの場合次第に自然なバストの感触に近づいてゆきます。

    授乳の経験のない方は、まだ乳房の皮膚にゆとりが少ないので授乳経験者に比べて術後しばらくの間固い感触になりやすい傾向がありますが、この場合も時間が経つにつれて柔らかくなってゆきます。

    極稀にしこりが形成された場合は、乳腺の奥底部でこりこりとした塊を触れることがありますが、通常術後1~2ヶ月以内では多少固いところがあってもまずしこりではありません。
PAGE TOP
  • マッサージは必要ですか?
    脂肪注入の手術中には、生着をよくするためとしこりを形成しない目的で看護婦によりマッサージを施されますが、術後は炎症や内出血を悪化させないためにも自己マッサージはしないで下さい。炎症が長引くとしこりが形成される可能性が僅かにあるため、術後の(痛みを伴う程度の)激しいマッサージは特に禁止です。但し、SEXで胸を揉まれるぐらいは大丈夫です。
PAGE TOP
  • 授乳への影響はあるのですか?
    脂肪注入は乳腺を傷つけないため、将来の授乳にはまず影響ありません。脂肪は大胸筋下、大胸筋内、大胸筋周囲、乳腺下、乳腺周囲の5層に分離注入されます。また乳腺は比較的固いじん帯や隔膜に覆われているため、乳腺内に炎症が波及することも稀です。もちろん、授乳中の方は局所麻酔を用いるため手術は延期となります。
PAGE TOP
  • レントゲンには写りますか?
    普通は注入脂肪だけが際だって写ることはありません。もともとある乳腺周囲の脂肪同様に軟部組織の陰影として淡く写るだけです。脂肪の量が増えた分、X線の透過は若干低下しますが、もともとバストが大きい方と同じような陰影となるだけでしょう。但しシコリ(石灰化)ができたりすると少し写る場合があります。
PAGE TOP
  • 脂肪を取る場所はどこですか?
    部分痩せをしたいところから吸引すればベストですが、注入量がたくさん確保できるのは (1) 太股全体+おしり+膝上 (2) 腹部 (3) ふくらはぎや二の腕の順になります。
PAGE TOP
  • どのくらい大きくなりますか?
    脂肪の取れる量と生着率により個人差がありますが、最終状態で平均2カップ程度までのバストアップになります。最低で1カップ、最高で3カップ程度大きくなります。もちろん注入直後には、3カップ程度アップすることも多いですが、半年から1年の間に平均してその半分くらいの大きさまで戻ります。全く吸収されて元に戻るということはありません。
PAGE TOP
  • 胸の形は変えられますか?
    基本的にバストのボリュームをアップさせることで、乳房下部の丸みや膨らみが増し、乳房の腋に近い部位の窪みや下垂も或る程度改善され、結果的に谷間が深くなったり乳頭の高さも高くなります。例えて言うと、(もちろん個人差がありますが)その人の授乳時のバストの形に近い状態となります。

    しかしバストそのものの形は本来人によって様々であるため、他人と全く同じ形のバストにすることや、(乳頭が真下を向くような)重度に下垂したバストを乳頭が上を向くまで改善させること等は不可能です。
PAGE TOP
  • SEXは避けた方がいいのですか?
    セックスは1週間程度避けた方がいいです。またバストを強く触れられることは、炎症の悪化や拡大を防ぐため2~3週間は避けた方が良いでしょう。また術後すぐの妊娠やピルの服用は避けた方がいいです。
PAGE TOP
  • 乳首の感度に変化はでるのですか?
    術後しばらくの間は局所麻酔が残っており、一時的に鈍い感覚がある場合もありますが、それも時間と共に元に戻ります。
PAGE TOP
アサミ美容外科

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

まずは、お気軽にご相談下さい。

メニュー

お支払い方法について

現金・振込み・カード・大手信販会社・ローンの4つの方法があります。

受付:10:00〜18:00

土・日・祝日診療

0120-60-5489

HACKER SAFEにより証明されたサイトは、99.9%以上のハッカー犯罪を防ぎます。

PAGE TOP